2014年

3月

13日

Open_Jtalkで音声を発話させる

 

のP92、「Chapter4 Section3 音声合成でRaspberryPiを喋らせよう」をやってみた。

 

基本的には書いてあるとおりですが、引っかかったところをメモ。

 

  1. インストールコマンドの最後は「1」。
    libhtsengine1とあるが、印刷だとエルに見えた。。。
  2. インストールコマンドは一つでも失敗すると、同じ1行内の他のインストールも失敗する
    1.で記述を間違っていたら、他のも入ってなかった。。。
  3. サンプルをコピペするときは、¥と\の自動変換に注意。
    Macでサンプルをダウンロード、テキストにコピペ、RaspberryPiに書き込んだが、
    テキストにコピペした時点で¥になってしまっていた。。。
    ちなみに、このまま実行すると以下のエラーがでる。

    pi@raspberrypi ~/jtalk $ sudo ./jtalk.sh "こんにちは"

    ERROR: Getfp() in open_jtalk.c: Cannot open ¥.

    aplay: playback:2483: リードエラー

    ¥ってなんですか〜ッて感じのエラー。

  4. 音声出力設定はしておいたほうがいい
    自分はテレビにHDMIで接続して、テレビのスピーカーを利用しようとしていました。
    ところが3.のエラーを解消しても声がでない。
    そこで、P86を参照して、音声の設定を修正。

    amixer cset numid=3 2
    (おそらくデフォルトは自動判定の0、オーディオ出力端子は1、HDMIは2)

 

こんなところで、無事音声発話。よかった〜♪